ダイアリー

フランシスコ

ローマ教皇フランシスコが来日されましたね。

新聞やテレビなどでもずいぶん大きく取り上げられ、核廃絶への言及などで関心を持たれた方も多いのじゃないでしょうか。

私は東京ドームでのミサへ参加してきました。

宗教について触れるのは控えめにと思うのですが、今回は信仰のある人もない人もカトリック教会、あるいはキリスト教というものに興味を覚えた方も多いと思いますので、少し書かせてもらいますね。

 

八十才を過ぎてロックスターにも例えられる教皇です。

熱烈な信者が大挙してミサに訪れるというからどうなのだろうと行ってみるとそのとおり、この日本の東京にも五万人もの人が集まりました。

私の所属する相模原市緑区の津久井カトリック教会からは四十名ほどが、これに合わせた旅行会社のツアーから参加しました。

カトリック教会にはそれぞれ守護聖人という方が定められていまして、敷地内のどこかに像が設置されていることが多いのですが、津久井は教皇のそれと同じ、アシジの聖フランシスコです。生涯弱者と共にあったというとても尊敬され親しまれている聖人ですね。なんだかご縁を感じます。

東京ドームというと、何年前だったかロックバンドのイーグルス来日コンサートに出かけたのですが、遠い上の方の席だったのと、装置も思いの外しょぼかったので、ドン・ヘンリーの生声もいまいち胸に響いて来ず、途中で退席した苦い記憶があって、(いえ、イーグルスと東京ドーム、関係者の皆様には何の問題もございません。問題は私の心構えの方にあったのだと思います)今回も大丈夫かと多少訝っていたのですが、装置よりも人々の熱狂がイーグルスの比ではなく(もちろん私の心構えも)、それはすばらしいひと時になりました。

 

なぜこれほどフランシスコ教皇が人気があるかといいますと、報道でも様々取り上げられていましたが、彼は「貧者のための教会」と言い、あらゆる差別や偏見、分断と対立をなくそうと訴えます。そして自らも質素な生活を好んで、人々と触れ合うことを楽しみにしておられる、親しみやすいお人柄であることが第一でしょう。そして司祭になって最初に赴任地を希望したのは日本だったというくらいに日本には大変な関心を持っておられます。それは、キリスト教が弾圧を受けて司祭不在になった後でも信仰を守り続けたキリシタンたちの国であり、世界で唯一の被爆国でもあるからだそうです。

 

話しは少し教皇から離れてしまいますが、私が所属する津久井カトリック教会には、長崎の隠れキリシタンの末裔であろうという方々がいます。

であろう、というのはご本人たちがあまりそのことを積極的に語ろうとはなさらないためですが、この方たちと、地元津久井の数名の信者たちが集まって、「集会祭儀」と呼ばれる司祭のいない伝承儀式を執り行うことから「教会」が始まったのだそうです。

津久井カトリック教会は、津久井湖を見下ろす山間にあって、山小屋風の建物やステンドグラスが美しいと人気があり、ずいぶん遠方からはるばる来られる方も多くいます。

レインツリーでは併設するばらの花幼稚園と教会の、植栽や芝の管理をさせていただいています。

数名で始まった教会も次第に人が増えていき、ついには土地と建物、それに念願の司祭を迎えて「ミサ」を執り行うことができるようになります。

今では毎週のミサに五十名からの方々が集うようになりましたが、片田舎の小さな教会です。一時期は常任司祭がおらず、時折この集会祭儀が行われました。

私がこの教会に訪れたのはちょうどそんな頃で、とても貴重な経験をさせていただきました。

当時、元司祭という方がお二方おられ、キリシタン末裔の方々とが中心に、「経験者」が行うのですから、ミサとはまた違う味わいがあってそれは興味深いものでした。

なぜその方々は司祭をやめてしまわれたのか、キリシタン末裔の方々はなぜこの津久井の地を選び、移り住んでこられたのか、それに私自身の信仰生活を重ねて、いつか天に召される前にはぜひ書き残しておきたいものだと思っています。できれば物語にして。

当時、傷ついた心で飛び込んだ私にはすべてが刺激的で、そしてとてもとても美しく見えたものです。

 

ミサに登場したフランシスコ教皇は、東京ドームのセンターの位置に設置された祭壇裏のゲートから、この日のために作られた聖歌「すべてのいのちを守るため」を特設聖歌隊が奏でるなか、特注のトヨタのオープンカーに乗って現れました。

私たちは一階のアルプス席でしたので、その様子はよく見ることができました。

そしてあの笑顔で、時折小さな子供にキスしたりしながら周回する様子は報道でも流れていましたね。

日本とバチカン市国の国旗が振られるなか、拍手と喝采で迎えられた教皇が祭壇にのぼります。「父と子と聖霊のみ名によって」とラテン語でミサの開始を告げると、私たちも一緒に十字架のしるしを胸の前になぞります。教皇にあの笑顔はなく、大変集中しておられるように見えました。

 

ミサはまず、参加者全員が自分の犯した罪を認める「回心」から始まります。「改心」ではありません。

「私は、思い、ことば、行い、怠りによって度々罪を犯しました」とそれらの「罪」を認め、神がそんな私たちをあわれみ、許してくださるようにまず祈るのです。

その後、賛歌が続き、ことばの典礼へと移ります。

第一朗読は、日本人の司祭による旧約聖書の創世記の「初めに、神は天地を想像された。」の最初から、神が御自分にかたどって人を創造し、その他のすべての生き物を支配するよう命じ、食物となる種や実をつける木や草を与えると告げる箇所が選ばれました。

その次は答唱詩編。その神のことばに、同じ旧約聖書の詩編からのことばで応えます。こちらはやはり日本人のシスターが透きとおるような美しいソプラノで歌いあげました。「神の注がれる目は、神をおそれるもの、神の愛に希望をおくもののうえに」という箇所です。

それから福音朗読。これは教皇自らが読みあげます。新約聖書のマタイの福音書から、「~あなたがたは神と富の両方に仕えることはできない。だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。~空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。~あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存知である。何よりもまず、神の国と神の儀を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」というイエス・キリストが生前語ったとされる箇所が選ばれました。

続いて教皇の説教です。

彼の抑揚の少ない静かなラテン語を耳にし、スクリーンに映し出された彼の表情と日本語の翻訳文を眺めながら、わたしはついうとうととしてしまいました。日頃のこの時間は、夕食のあとにうたた寝をする時間でしたので、案の定。ですから彼が何を話したのかあまり覚えていません。教皇様、ごめんなさい。

それから共同祈願をします。

信者の代表が、さまざまな言語で唱えます。

「教皇と司教のための祈り」は英語、「国の指導者のための祈り」はベトナム語、「災害に苦しむ人のための祈り」は日本語、「日本の教会のための祈り」は韓国語、「困難の中にある人のための祈り」はタガログ語、最後に「正義と平和のための祈り」はスペイン語でした。

私がこの教皇ミサに参加してまずうれしかったのは、世界中に十三億人といわれるカトリック信者の人たちと「つながっている」と実感できたことです。

毎日曜日に与る津久井の片田舎の教会でのミサが、教皇のたてるミサと、当然そうでなければならないわけですが、あらためて同じなんだと確認できたこと、そしてここには五万人の信者が詰めかけていますが、日本に於いては、他のキリスト教宗派を合わせても一パーセントに満たないといいますから、百人に一人いるかいないかの信者の一人に加えていただいている、そのことにまず驚きと感謝の気持ちでいっぱいですし、家族や友人の誰も知らない自分だけのお宝をこっそり机の引き出しの奥にしまっている少年のように、わずかな優越感とうしろめたさに似たそんな感覚もまた愉しく感じるのですね。

その後は感謝の典礼に移り、信者の代表がお供えものの「パンとぶどう酒」を教皇のもとに運びます。着物の女性の姿などが報道でも映っていましたね。

それからがいよいよミサのクライマックスです。

イエス・キリストから天の鍵を預かったとされる使途ペテロの後継者である教皇は、イエスが最後の晩餐で見せた儀式を執り行います。

まず、このパンとぶどう酒が、イエスご自身のからだと血になるように祈ります。

それはイエスが、食卓に置かれたパンを手に取って感謝をささげ、割って弟子たちに与えてこう言われたからです。「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡されるわたしのからだである」

そして次に、食事の終わりに同じように杯を取り、感謝をささげ、弟子たちに与えて仰せになりました。「皆、これを受けて飲みなさい。これはわたしの血の盃、あなたがたと多くの人のために流されて、罪のゆるしとなる新しい永遠の契約の血である。これをわたしの記念として行いなさい」

教皇は実際にパンとぶどう酒を口に運びます。

 

そして交わりの儀では、イエスが従う弟子らに残していった祈りの見本「主の祈り」を私たち全員でオルガンの調べにのせて唱えます。

そして居合わせた私たちは合掌し、互いに一礼し、「主の平和」とあいさつを交わします。

それから私たち信者にもそのパンが配られるのですが、五万人に配るのは容易ではありません。日本中から集まった多くの司祭がアリーナ席の隅々に散らばって、一人一人に与えていきます。それ以外はミサの後で客席でとのことでしたので、私たちはしばらくそれを指をくわえて眺めていることとなりました。まあ、パンといってもそれほどおいしい味がついているわけではありません。五百円玉くらいの丸くて薄いウエハースのようなものです。が、私たちにとってはイエスのからだですから、慎んでいただきます。

信者とひとことで言いますが、教会では「洗礼」を受けていないと信者とは認められません。私はカトリックで改めて洗礼は受けませんでした。前のプロテスタント教会で受けた洗礼が認められたからです。その洗礼の儀式とは、教会の祭壇の下に設えた水を張った槽へ牧師と一緒にざぶんと漬かるというか潜るというか、そんなかなりきわどいものでした。カトリックの場合は、傾けた頭のこめかみの辺りに聖水をそおっと滴らすだけです。

その代わりに献身式というものに復活前夜祭のミサのなかで与りました。

カトリック信者になりますと、苗字と名前の間に挟まるかたちで信者であることを表す名前が与えられます。フランシスコ教皇に安倍首相が、あなたと同じ名前だと麻生大臣を紹介したそうですね。あの方はおそらく生まれて間もなくの幼児洗礼だと思うのですが、プロテスタントなど他の宗派のほとんどでは子供時分に洗礼は授けないことになっているようです。

そしてその名前は自分で決めていいのですが、歴代の諸聖人の中から選ぶことになっています。私は当日まで思いつかなくて、というより、それにあまり興味がなく、やや不貞腐れ気味に、本当にこれでいいのだろうかと半分逃げ出したいような心持ちになっていたのですが、ちょうどその日に式を執り行うために来られた司祭が教区の重責にある立場の方だそうで、福祉を担当していると聞き、ああやはりこれはお導き、ご縁だと思い、腹が決まりました。司祭のそれを尋ねると、「洗礼者ヨハネ」だというのでそれにしました。

この名前をつけようと思う方はあまり多くないかもしれませんね。その人の最後は反逆者として捕らえられての斬首でしたし、生前はらくだの毛衣を着、腰に革の帯を締め、いなごと野蜜を食べ、人々に悔い改めろと迫り、ヨルダン川で人々に洗礼を授けるという、とても「普通の聖人」ではなかったようですから。ただこの人の偉いところは、神の国とイエスの到来を預言し、自分はその方の履物をお脱がせする値打ちもないと謙虚であり、それを信じて疑わず、この世の権力者に媚びることもなく、死ぬまで一途であり続けたことでしょうか。

この方が私の守護聖人となってくださったわけです。ありがたいことです。

 

式の最後には、東京の大司教がフランシスコ教皇に感謝の言葉を述べられました。

そして、聖歌「ごらんよ空の鳥」を私たちが歌うなか、教皇様はゆっくりと歩いて祭壇裏から退場されていかれました。

 

日本を離れるときの機内でフランシスコ教皇は、この東京ドームでのミサのことを、「日本人があんなに騒ぐとは思わなかった、びっくりした」と語られたそうですが、私も驚きました。

教会に行き始めた頃、ある神父に尋ねました。「カトリックの人たちは明るいですね」と。神父は答えました。「禁教が解かれて、司祭らがまず初めに訪れたのは貧しい農民や漁師たちです。その人たちのところで酒を酌み交わしたのです」と。

それを聞いて、ああおれもこれであのキリシタンの人たちとつながったんだろうかと思うと、うれしくなりましたね。

 

この日の翌日の夜から熱が出まして、丸三日寝て過ごしました。

高熱はつらかったけれど、このところ何かと忙しく時間もなく体もきつかったので、いろんなことを考えたりする時間をたっぷりといただけたのは、これも神様の恵みだなと思いました。

 

12月に入り、今日からカトリック教会の典礼暦は「待降節」に入りました。降誕祭(クリスマス)までをそう呼びます。

私の所属する津久井カトリック教会でも、入口にはクリスマスリースが飾られ、祭壇にはポインセチア、それにミニチュアの馬小屋と赤ちゃんを寝かせるベッドが置かれたりしました。イタリアのクリスマスのお菓子「パンドーロ」が届いたそうで、買って帰りました。

24日は日本中の教会で夜半ミサが行われるはずです。

もちろん信者でない方も歓迎ですので、ぜひ皆さん、この機会に教会を訪れてみてはいかがですか。