寛容な社会をめざして

ナチュラルライフサポートダイアリー~社長の日記~

  • 幸せな結婚 2018.01.30

    幸せな結婚

    近頃は結婚しない人が増えているそうですね。 コスパが悪いのだそうです。 自分の描く幸せな人生に結婚は必要ないと考える人が増えているのだとか。 だけど子供はほしいので、精子バンクと体外受精で我が子を得るのが理想的だと。 そのためには何といってもお金がいる。 なのでお金が最優先になるというわけです。

    続きを読む
  • クリスマスに想うこと 2017.12.25

    クリスマスに想うこと

    ですから私たちが障がい者に心を配ったり、一緒に働こうとするのは、どこか理屈ではない、人としてのピュアな想いなのではないかと思うのです。 本来私たちは皆そういうものを持っている。 のだけれど、いつしか他の何かに取って代わられて見失ってしまうのです。

    続きを読む
  • 作業所の役割 2017.10.20

    作業所の役割

    さて、作業所の役割についてですが、私たちはこんな風に考えています。 1.安心していられる場所を提供する。 2.人や社会の役に立てる仕事を提供する。 3.生きる力を身に着ける機会を提供する。 別にこれができるのなら企業だっていいわけです。いや企業の方がいいでしょう。皆さん本当は就職したいのですから。 でもなかなか難しいのが現実です。

    続きを読む
  • 痕跡 2017.08.26

    痕跡

    少し前、レインツリーの利用者が一人亡くなりました。 その日は午後がスタッフミーティングで、利用者は半日の作業でした。 他の利用者に誘われて焼き肉を食べに出掛けたそうです。 そのあと様子が急変して、夜には救急搬送、翌日には亡くなったと聞いています。

    続きを読む
  • 他人の人生から学ぶ 2016.08.02

    他人の人生から学ぶ

    障がい者は社会を映す鏡だとよく言われます。障がい者の生活を見れば、その社会が分かるとも。相模原の施設で起きた類稀な殺傷事件は、世の中に大きな衝撃を与えています。私たちも地元の関係機関であり、施設とは役割は違えど多少の交流もありましたので、非常にショックを受けています。これからじわじわと色々な影響が出てくるのでは

    続きを読む
  • ソーシャルファームセミナー 2015.11.05

    ソーシャルファームセミナー

    先日、神奈川県主催のソーシャルファームセミナーへ参加してきました。障がい者の就労支援関連のセミナーなり勉強会へはこのところすっかり足が遠のいていたのでしたが、今回のそれは、最近よく耳にする「ソーシャルファーム」についてのものでしたし、講演と事例発表をするゲストの方に前から大変関心を抱いていたのです。お一人はアイエ

    続きを読む
  • 進化 2015.09.26

    進化

    連休はお天気にも恵まれ、私はいつもより家事を念入りにし、夜、家族が寝静まってから映画を見たり本を読んだりして過ごしていました。「理不尽な進化ー遺伝子と運のあいだ」吉川浩満著・朝日出版社 を読みました。それによると、これまでに誕生した生物のうち実に99.9%が絶滅しているのだそうです。その絶滅した生き物たちは、進化論が言

    続きを読む
  • 園芸療法 2015.06.23

    園芸療法

    先日、日本での園芸療法のパイオニア、恵泉女学園大学准教授の澤田みどりさんが、レインツリーを見学にお越しくださいました。 澤田さんは20年前に、アメリカから日本へ園芸療法を持ち込み広められました。

    続きを読む
  • 愛がなければ 2015.05.02

    愛がなければ

    介護業界は人手不足が深刻だそうです。 一つの資格で介護も児童もできるようにしようという動きや、外国人が働きやすくなるようにと、いろいろやっているようですが、うまくいくのでしょうか? オレはこんなに資格を持っているから食いっぱくれがないと私に自慢して見せてくれた人がいましたが、資格は日本人にとってやはり重要なもののようです。

    続きを読む

最新記事

  • 幸せな結婚 2018.01.30

    幸せな結婚

    近頃は結婚しない人が増えているそうですね。 コスパが悪いのだそうです。 自分の描く幸せな人生に結婚は必要ないと考える人が増えているのだとか。 だけど子供はほしいので、精子バンクと体外受精で我が子を得るのが理想的だと。 そのためには何といってもお金がいる。 なのでお金が最優先になるというわけです。

    続きを読む
  • クリスマスに想うこと 2017.12.25

    クリスマスに想うこと

    ですから私たちが障がい者に心を配ったり、一緒に働こうとするのは、どこか理屈ではない、人としてのピュアな想いなのではないかと思うのです。 本来私たちは皆そういうものを持っている。 のだけれど、いつしか他の何かに取って代わられて見失ってしまうのです。

    続きを読む
  • 作業所の役割 2017.10.20

    作業所の役割

    さて、作業所の役割についてですが、私たちはこんな風に考えています。 1.安心していられる場所を提供する。 2.人や社会の役に立てる仕事を提供する。 3.生きる力を身に着ける機会を提供する。 別にこれができるのなら企業だっていいわけです。いや企業の方がいいでしょう。皆さん本当は就職したいのですから。 でもなかなか難しいのが現実です。

    続きを読む