寛容な社会をめざして

最新情報

働いて元気になろう!

ピクト

「元気になったら働こう」ではなく、「働くことで元気になれる」。私たちは、そう考えています。
薬を飲んで休むことも必要ですが、「適度な運動」と「バランスの良い食生活」、それに加えて、
他者と関わるという「人薬(ひとぐすり)」がより重要になります。ナチュラル ライフサポートでは、
障がい特性に配慮した働きやすい環境と、身体をよく動かして人や社会と関われる仕事を数多く用意し、
障がい者の方々の「作業所でも稼ぎたい、働きがいを得たい」という願いに応えてまいります。

ナチュラルライフサポートの
サービス

ナチュラルライフサポートダイアリー〜社長の日記〜

  • 痕跡 2017.08.26

    痕跡

    少し前、レインツリーの利用者が一人亡くなりました。 その日は午後がスタッフミーティングで、利用者は半日の作業でした。 他の利用者に誘われて焼き肉を食べに出掛けたそうです。 そのあと様子が急変して、夜には救急搬送、翌日には亡くなったと聞いています。

    続きを読む
  • 他人の人生から学ぶ 2016.08.02

    他人の人生から学ぶ

    障がい者は社会を映す鏡だとよく言われます。障がい者の生活を見れば、その社会が分かるとも。相模原の施設で起きた類稀な殺傷事件は、世の中に大きな衝撃を与えています。私たちも地元の関係機関であり、施設とは役割は違えど多少の交流もありましたので、非常にショックを受けています。これからじわじわと色々な影響が出てくるのでは

    続きを読む
  • ソーシャルファームセミナー 2015.11.05

    ソーシャルファームセミナー

    先日、神奈川県主催のソーシャルファームセミナーへ参加してきました。障がい者の就労支援関連のセミナーなり勉強会へはこのところすっかり足が遠のいていたのでしたが、今回のそれは、最近よく耳にする「ソーシャルファーム」についてのものでしたし、講演と事例発表をするゲストの方に前から大変関心を抱いていたのです。お一人はアイエ

    続きを読む
  • 進化 2015.09.26

    進化

    連休はお天気にも恵まれ、私はいつもより家事を念入りにし、夜、家族が寝静まってから映画を見たり本を読んだりして過ごしていました。「理不尽な進化ー遺伝子と運のあいだ」吉川浩満著・朝日出版社 を読みました。それによると、これまでに誕生した生物のうち実に99.9%が絶滅しているのだそうです。その絶滅した生き物たちは、進化論が言

    続きを読む
社長の日記記事一覧はこちらから

障がい者の方がやりがいを感じ、
安心して働ける場所を広げていきたい。

画像 画像

障がい者の方の雇用は、ここ数年の行政や民間のさまざまな取り組みにより、 かなり改善しているようです。
しかし、就職はできても、働き続けることは容易ではありません。
障がい者の方の働きやすさを実現するには、企業や社会全体に寛容な土壌が不可欠ですが、
残念ながら、日本の労働環境はその点、厳しいと言えます。

わが子に働く場所を、と障がいのある子どもを持つ母親たちが始めた「地域作業所」。
今は「就労継続支援B 型事業所」と名称が変わっていますが、障がい者の方が安心して働ける場所、
セーフティネットとしての作業所は、いつの時代、どんな土地でも本来、必要なものです。
とは言え、その作業所も、やりがいのある仕事がない、工賃が安いなどとの指摘があり、
障がい者の方のニーズに応えきれていないのが実情です。
魅力のない作業所は、利用者が集まらず、存続することさえできません。

そんな現状を打破するには、どうすべきか。私たちの答えは、障がい者のみなさんとガーデニングをつなぐこと。
草木に囲まれた陽だまりのような環境には、従来にない魅力があります。
既にサービスは開始しており、いたるところで多くの人の笑顔を見ることができました。
この笑顔の輪を広げていただけるパートナーを心よりお待ちしております。

パートナー募集についてはこちら

レインツリー事業所

淵野辺事業所

画像

神奈川県相模原市中央区東淵野辺5‐18‐24
横浜線 淵野辺駅より徒歩17分
TEL:042-851-3116 FAX:042-851-3129

画像

上溝事業所

画像

神奈川県相模原市中央区上溝1249-1
相模線 番田駅より徒歩12分
TEL:042-851-3547 FAX:042-851-3147

画像

伊勢原事業所

画像

神奈川県伊勢原市東成瀬34-5
小田急線 愛甲石田駅南口より徒歩12分
TEL:0463-73-7450 FAX:0463-73-7451

画像
会社概要はこちらから